ヴィクトリアプレイスvictoria place

ワード・ヴィレッジ第7の最新プロジェクト始動

ザ・ハワード・ヒューズ・コーポレーションは、カカアコにて開発を進めているマスタープランコミュニティ「ワードビレッジ」が、ハワイ地域開発局(HCDA)より「ヴィクトリア・プレイス」の建設開発の認可を得たことを発表しました。

ワードビレッジ

ワードビレッジでは7番目のプロジェクトとなり、場所は以前キャンセルされたゲートウェイのシリンダーの場所。つまり、ワイエアの隣でケワロハーバーの目の前というロケーションになります。ワードビレッジとしては久々のオーシャンフロント物件のため、大きな期待がかかります。

ヴィクトリア・プレイスは、約100年前にカカアコを人々が集う場所として開発したヴィクトリア・ワードに敬意を表して命名。レジデンスは350戸の住宅から広大な山と海、そしてダイヤモンドヘッドを見渡すことができる最高の住空間となる予定です。さらに、開発の一環として、ワードビレッジ内の公園であるヴィクトリア・ワード・パークは約1エーカー(約1200坪)拡張され、これまでのコミュニティと調和した、静かで自然豊かなオアシスとして生まれ変わるのです。

優先案内へ登録

プロジェクト概要

アラモアナ・ブルバードに面した「最前列」のロケーションで、純粋にレジデンスのみとなります。つまり、1階にレストランなどの商業スペースは入りません。これまでのワードビレッジのプロジェクトは、NOBUやホールフーズなどのキーテナントを入れていましたが、今回は完全なるレジデンスです。周辺には至極便利な施設がそろっていますので、わざわざ足元にお店がなくても便利なのは変わりませんね。それよりも、よりエクスクルーシブな感じがして良いかもしれません。

ビクトリアプレース

 地上40階建てで、間取りは 1、2、および3ベッドルームからなる全350戸です。

古き良きハワイを表現

「ハワイ」にインスピレーションを受けたアートコレクションや、ハワイの植栽をいたるところに取り入れて、緑豊かな楽園にいるかのような住居環境が提供されます。

レセプションは24時間体制なのでセキュリティーも万全です。コンシェルジュサービスや宅配荷物保管庫、ゲストスイートなどは彼らが手掛けてきたラグジュアリーコンドミニアムの方手式どおり。このヴィクトリア・プレース独自の施設としては、1Fに位置するラウハラプールハウスというプライベートなスペースです。これはあたかもプール付きの邸宅のように、予約制で専用のプール、フルキッチン、リビング、バーベキューグリルなどが利用可能。数十名規模のイベントやパーティーに最適なのです。戸建てからのダウンサイジングニーズは高まるものの、こういったプライベートな空間を手放すにはためらいがあることは十分考えられるため、非常に重宝されるのではないでしょうか?

エントランスはアウアヒ・ストリート側ですが、ビーチへのアクセスゲートも設置される予定。

優先案内へ登録

アメニティデッキは5階

メインのアメニティ施設は5階に位置する。ラッププールと芝生広場のあるサンライズテラス、インフィニティプールとスパのあるサンセットラナイ、 バーベキューカバナ、シアタールーム、シェフズテーブル&キッチン、プライベートダイニングルーム、ワインルーム&プライベートロッカー、フィットネスセンター、男性用スパ&女性用スパなど、極めて充実した施設が並べられる。

隣のワイエアのアメニティデッキが6階のため、見下ろされるのでは?と気になってしまうが、植栽をうまく配することで問題にならないとのこと。

デザイン設計チーム

毎回豪華な布陣が楽しみなワードビレッジの設計チーム。ヴィクトリア・プレースも例に漏れず、豪華なメンバーが揃っている。

ビルディングデザイン: Solomon Cordwell Buenz (SCB)
ハワイ不動産好きには定評の建築設計会社。アナハやパークレーンの設計で有名。

インテリアデザイン:Tihany Design
ホスピタリティデザインの第一人者アダム・ティハニーのデザイン事務所。フォーシーズンズやマンダリンオリエンタルを始めとした世界中のホテル、レストランを手掛ける。

ランドスケープ・デザイン:VITA Planning and Landscape Architecture
世界中のリゾートやホテルなど、大規模でハイエンドプロジェクトのランドスケープを担ってきている。ハワイ島のクキオやフォーシーズンズ・フアラライ、パークレーンなどを手掛けている。

 

優先案内へ登録

こんな記事も読まれています