ハワイ不動産固定資産税の支払い方法

2月20日・8月20日期日!

ハワイの固定資産税の支払い期日は年に2回、8月20日と2月20日です。週末や祝日と重なる場合、次の平日が期日となります。少し分かりづらいのですが、Tax Yearという税金の年度が7月1日にスタートするため、上半期が7月1日から12月31日、下半期が1月1日から6月30日となります。例えば2022年2月20日支払い期限の固定資産税は、2021年度下半期分ということになるのです。

表1:固定資産税年間スケジュール

固定資産評価額の通知

ホノルルの固定資産税評価額は毎年10月1日に決定します。評価額の通知は12月15日に発送され、翌年の7月1日から6月30日の評価額が以下のようなレターでオーナーに知らされます。

固定資産税の評価額通知
サンプル1:公式サイト掲載サンプルに加筆


まずはここを確認!

通知を受領したら、まずは所有物件(サンプル1-3)の住所とTax Map Key(サンプル1-2)を見て、通知の内容がご自身の不動産であることを確認しましょう。Tax Map KeyはTMKとも呼ばれ、各物件に割り振られている番号です。通常TMK番号は、「#1-9-4-044-078-0000-000」のような形で記載されますが、通知では最初の1とハイフンが省略されて、12桁の数字となっています。

所有物件のTMKが不明な場合は購入時のエージェントに確認するか、こちらのウェブサイトでも調べられます。「State」で「Hawaii」、「County/city/area」で「City and County of Honolulu, HI」を選択し、住所を入力して調べたい場合は「Property Search」を、地図から調べたい場合は「View Map」をクリックします。

一番大事なのはココ!

所有物件の住所とTMKが合っていることが確認できたら、次にProperty Class(サンプル1-11)を確認します。ホノルルの不動産は以下の通り価格や用途によって分類されていますが、それぞれ税率が異なりますので、ご自身の物件がどの区分に該当するのかしっかり把握しておきましょう。

表1:公式サイトより引用

税率は毎年6月に正式に公表されます。2022年2月支払い分の税率は、2021年6月に発表された上記の通りです。また、税区分は2018年に変更となりましたので、以下の記事も是非ご覧ください。


参考記事:ホノルルの固定資産税率 2019年度改定版


そして一番大事な項目が、当該年度の評価額(サンプル1-14)と前年度の評価額(サンプル1-17)。サンプルでも2020年と2019年の評価額が違うように、評価額は上がることも下がることもあります。評価額を含む通知の内容について異議がある場合は、受領後から1月15日まで、ホノルル・カウンティの税務局へ申し立てることができます。

固定資産税請求書/納付書

2回ある支払い期日のそれぞれ1ヶ月前に、固定資産税の納付書が届きます。日本人オーナーさんの場合、個人宅か日本法人の住所に届くことがほとんどではないでしょうか。実は、この納付書に気がつかずにいつの間にか滞納してしまったというケースをよく耳にします。のんびりしているハワイとは言え、1日でも遅れればペナルティが付くので注意が必要です。ご自身で支払う方は、2月20日と8月20日は必ず支払いの確認をしましょう。

ハワイ固定資産税の納付書
サンプル2:実際の請求書に加筆・修正


サンプル2は実際の請求書を加工したものです。評価額通知と同様、基本的な情報に間違いがないかを確認し、Amount Due Now(サンプル2-9)の金額を支払います。年度の1回目の支払い時は、1期と2期両方の金額(サンプル2-10)が記載されていますので、年間の合計金額と1期の金額を混同しないよう注意が必要です。

固定資産税支払いの流れ

ハワイ不動産の固定資産税の支払いには、次にご紹介する3つの方法があります。

チェックを郵送

アメリカに銀行口座をお持ちの方は小切手で支払うことが可能です。小切手の支払い金額はAmount Due Now(サンプル2-9)、受取人を「City and County of Honolulu」とします。請求書の下部を切り取り線(サンプル2-11)で切り取り、Amount Paid(サンプル2-14)に支払い金額を記入します。この2点を、固定資産税の納付書に同封されている返信封筒に同封して発送します。返信封筒にありますが、送付先は以下の通りです。

City and County of Honolulu
Real Property Tax Collection
Division of Treasury
P O Box 4200
Honolulu, HI 96812-4200

管理会社などへ固定資産税納付書を送付先を変更したい場合は、Change of Address(サンプル2-12)に新しい住所を記載して送ると、同時に住所変更も可能です。なお、日本から返信用封筒を使って送る場合は追加で数百円の郵送費がかかりますので、ポストへ投函せずに郵便局から発送しましょう。

オンラインで支払う

アメリカに口座をお持ちでない場合は、ハワイ州のウェブサイトからクレジットカードを使って支払うことができます。使用可能なカードはVISA、マスターとディスカバーの3種類で、2.7%の手数料がかかります。デビットカードの場合は1.15%の手数料です。また、何らかの理由で銀行から引き落としができない場合は、25ドルの費用がかかりますのでご注意ください。

まずは支払い画面へ。必要であれば、右上の「Translate」から日本語を選択することができます。お好みの言語を選択後、内容を確認し、画面の一番下「I Accept」をクリックして進みます。

オンライン支払い画面1

次の画面では、所有物件のTMK番号(サンプル2-4)を入力し「Continue」をクリック。

オンライン支払い画面2

「Payment Information」に表示された所有物件のTMK番号や住所、納付額が納付書の情報と相違がないか確認しましょう。「Payment Amount」では今回支払い期限の金額を支払う・1年分をまとめて支払う・その他の金額を支払う、という3つのうち1つを選択。「Payment Option」でデビットカード、クレジットカード、電子小切手から支払い方法を1つ選択し「Continue」をクリックします。

オンライン支払い画面3

クレジットカード・デビットカード

クレジットカードは2.7%、デビットカードは1.15%の手数料がかかりますので、ここで手数料と固定資産税の合計金額(支払い金額)を確認します。オンライン支払いサービスの詳細についての説明もありますので、どちらも問題がなければ「Accept」をクリックします。

オンライン支払い画面4

「Payer Information」に支払い者の情報を記入します。赤い✴︎がある項目が必須情報です。ここに入力する住所はオーナーの郵便住所ですので、日本在住の場合は「Country」で「Japan」を選択します。「Payment Option」でカード情報を入力。「Payment Information」で再度支払い金額を確認、「I’m not a robot」横のボックスに✔️を入れ、「Continue」をクリックします。

オンライン支払い画面:カード

この後確認画面へと移り、支払い完了となります。最後にConfirmation Number(確認番号)が表示されますので、必ず控えておくようにしましょう。問い合わせをする場合に必要になります。

電子小切手

オンラインで電子小切手を使って支払うことも可能です。上記のオンラインでのカード払いと同じ手順で画面3まで進み、「Payment Option」で「Pay by E-Check」を選びます。「Continue」をクリックするとカード払いと同様に手数料との合計金額の画面へ遷移します。手数料は固定で、$10,000未満は$3.00、$10,000以上は$15.00です。金額に問題がなければ「Accept」をクリックし、以下の場面に飛びます。

「Payer Information」はカード払いと同様に、支払い者の情報を入力しましょう。「Check Information」でha
口座の種類を選び、ルーティングナンバーと口座番号を入力します。ルーティングナンバーと口座番号は画像の通り、小切手の下に記載されていますので、お手元に小切手を用意すれば迷うことなく入力できます。

オンライン支払い画面:電子小切手

全て入力が完了したら「I’m not a robot」横のボックスを✔️、「Continue」をクリックして確認画面へ。確認番号を控えて支払い完了です。

電話で支払う

日本の方では少ないかと思いますが、電話でクレジットカード払いをすることも可能です。「1-877-309-9117」(日本からかける場合は「010-1-877-309-9117」)に電話をかけ、案内に従ってTMK番号やカード番号を入力することでクレジットカードで支払いをすることができます。アメリカ国内からかける場合は通話料無料ですが、日本からかける場合は国際電話料金が発生します。支払い完了後は確認番号が流れますので、控えを取っておきましょう。

窓口で直接支払う

最後は、現地の窓口で直接支払う方法です。この場合も、上でご説明した納付書の下に付いているスリップを切り取って、現金、小切手、またはカードで納付します。年間を通して支払いが可能な窓口はホノルル・シティホールのみです。

City Hall(Honolulu Hale)
530 South King Street, Room115
Honolulu, HI 96813
月〜金(祝祭日休業)
7時50分〜16時15分
現金・小切手・カード(2.35%の手数料)

納付書が届いてから支払い期限までの1ヶ月間は、以下のサテライト・オフィスでも支払いが可能です。サテライト・オフィスでの支払い方法はチェックか現金のみ、クレジットカード不可であることにご留意ください。

オフィス 住所 営業時間
Ala Moana 1450 Ala Moana Blvd., #1255, Honolulu 月-金:9-17時
Downtown 1041 Nuuanu Ave. Ste. A, Honolulu 月-金:8-16時
Hawaii Kai 6600 Kalanianaole Hwy., Suite 101, Honolulu 月-金:8-16時
Kapalama 925 Dillingham Blvd., #102, Honolulu 月-金:8-16時
Kapolei 1000 Uluohia St., #103, Kapolei 月-金:8-16時
Pearlridge 98-1005 Moanalua Rd., #244B Aiea 月-金:9-17時
Wahiawa 330 N Cane St., SCH, Wahiawa 月-金:8-16時
Waianae 85-670 Farrington Hwy., #4, Waianae 月-金:8-16時
(休:11時半-12時半)
Windward 45-480 Kaneohe Bay Dr., Unit CO6 Kaneohe 月-金:8-16時

「管理会社にお任せ」が安心!

以上、ハワイ州の固定資産税の納付方法をご説明しましたが、ご自分では不安や面倒という方も多いのではないでしょうか。その場合は、是非Crossoverの管理サービス「Free;+」をご利用ください。


参考記事:念願のハワイ不動産を購入!管理会社に委託すべき?


Crossoverの管理サービス「Free;+」なら、弊社の顧客信託口座から各種の支払いを代行します。ハワイに銀行口座がなくても、賃貸収入を受け取ることも、固定資産税の支払いを行うことも可能です。既にお持ちの物件の管理だけをお任せいただくケースも増えています。ご関心のある方はぜひお気軽にご相談ください。

※本記事に含まれる情報は、本記事公開時点のものです。固定資産税お支払いの際は、ご自身で最新の情報をご確認いただくことをお勧めします。特に、対面での支払いは感染症の影響で変更が生じる場合があります。
ホノルル・カウンティ 固定資産税に関する公式サイト
ホノルル・カウンティ サテライト・オフィス情報