2019年ハワイ不動産を最も買ったのは??

ハワイ不動産を購入する日本人は変わらず増えています。ニーズは多様ですが、大きくは次の3つに分類されるのではないでしょうか?別荘、投資、そして節税。2020年度の税制大綱へ、これまで人気が高かった海外不動産をつかっての節税スキームを封じ込める案が盛り込まれたことを受けて、最後の節税ニーズは限られてくるものの、それでもハワイの不動産は人気なのです。

ハワイ不動産を購入している外国人とは?

ハワイの大手エスクロー会社が発表している統計の最新版が発表されました。そのレポートには「どこの国籍の人が」「どのくらいの件数を」「いくらで取引したのか」の統計が記載されています。


あわせて読みたい:増え続ける日本人オーナー


ハワイ不動産の最新統計情報

2019年1月から12月において、ハワイ不動産を購入した外国人(米国人以外)のランキングです。

順位 国名または地域 件数 総額
1 日本 340 $364.4M
2 カナダ 114 $118.9M
3 韓国 30 $35.4M
4 香港 9 $11.2M
5 台湾 8 $5.6M
6 中国 7 $5.1M
7 ニュージーランド 7 $3.1M
8 シンガポール 5 $8.6M
9 グアム 3 $1.1M
10 オーストラリア 2

$7.6M

日本は2014年に1位になって以降、6年連続で1位となりました。

2013年:日本 第2位 249件-1億8900万ドル
2014年:日本 第1位 291件-2億7800万ドル
2015年:日本 第1位 308件-2億3300万ドル
2016年:日本 第1位 581件-7億5300万ドル
2017年:日本 第1位 438件-5億7870万ドル
2018年:日本 第1位 610件-7億7410万ドル
2019年:日本 第1位 340件-3億6440万ドル

ただ、件数及び金額の推移をみると、2018年をピークに2019年は減少傾向となりました。

ハワイ不動産のバイヤー推移

バケーションレンタル規制が始まったり、固定資産税率が上がったりと、日本人バイヤーにとってはネガティブなニュースが多かった2019年ですが、やはり購入マインドは以前と比較して低下傾向なのでしょうか。

新規CTA 

より直近のマーケット情報を知りたい方はこちらをチェック!

ハワイ不動産マーケット・アップデート

ハワイ不動産売却にまずは無料査定を!